敏感肌に効く!美白化粧水の選び方※人気スキンケア商品│体験レビュー

敏感肌ってどんな状態?自分の肌タイプが分からない・・・。

これって敏感肌?!まずはあなたの肌をセルフチェックしてみましょう。

□ いつも使っている化粧品でも、時々ヒリヒリしたり赤くなることがある
□ 人間関係や仕事のストレスを感じると、肌の調子が悪くなる
□ 睡眠不足・外食が多く不規則な生活である
□ 季節の変わり目は、肌がカサつく
□ 冷たい風や日光に当たるとヒリヒリしてすぐ赤くなる
□ 化粧品を変えると、肌が赤くなったり刺激を感じることがある

□ 乾燥肌なのに、ニキビや吹き出物がでやすい
□ 保湿をしても、乾燥して粉をふいたようになる
□ 汗をかくと湿疹が出たり、肌が痒くなる
□ 生理前になると、肌が荒れる
□ 更年期が気になる年齢である
□ 髪や洋服が触れた部分に肌荒れが起きる
□ アトピーなどのアレルギー体質である
□ シャワーや熱いお湯で洗顔している

 

 

 3個以下⇒ 一時的な「敏感肌」なので、まだ大丈夫!
食事と睡眠に気をつけて、ケア次第で肌状態はすぐに安定します。
あまり気にしすぎて、「敏感肌」用お手入れを使用してると、肌が怠けて本当の「敏感肌」になってしまいますので、油断せずに気をつけてください。

 

 4〜7個⇒ 要注意!やや「敏感肌」です。
ちょっとした刺激などで、肌の調子が悪くなってしまう状態なので、肌の回復を高めるケアを心がけましょう。これ以上悪化させない為にも化粧品選びを慎重に行わないといけませんね。

 

 8個以上⇒ 残念ながら「敏感肌」です!今すぐケアの見直を!
まずは、今の化粧品を休むことなどのケアから始めなくてはいけません。但し自己流ケアは逆効果の場合もありますので、正しい知識とスキンケア方法を確認し、肌質改善をしていきましょう。

 

 

敏感肌を【悩み別】に紹介!あなたはどのタイプ?

どうして敏感肌になるの?

敏感肌の定義

【敏感肌】とは一般的に「うるおい力が弱く、普通の人より刺激や反応を受けやすい肌」とされています。
外部刺激や精神的なストレスによって、「化粧水がしみる」「赤み・かぶれ」「かさつき」などの肌荒れをおこしている状態です。

 

敏感肌の原因

沢山の「敏感肌用化粧品」がありますが、実は医学書を開いても「敏感肌」は出てきません。医学的な特効薬がないので、様々な情報の中からたくさんのケア方法を試していることと思います。
但し、たくさんの情報の中から共通して言えることは「私たちが本来持っている【肌のバリア機能】が低下している」と言うことは確かなんです!

敏感肌は元に戻るの?

丁寧なスキンケアで敏感肌を改善しましょう!

肌荒れを感じら、まず肌本来が持つ回復力を高めることが必要です。
日光や衣類など、外部刺激が原因だとハッキリ分かっている場合はそれらを排除してあげれば良いですが、一番重要なのは【保湿】なのです。
一度、今使用している化粧品をストップしお肌をリセットして下さい。それに加えて、バランスの良い食事や上質な睡眠など体の内部を整え、敏感肌に合ったアイテムを使ってみると良いですよ。当たり前のようですが、一つ一つ丁寧にケアをすることで肌質改善が出来るのです。

敏感肌の方でも安心出来るおすすめ商品!是非お試し下さい!

更新履歴